防災・危機管理ニュース
2017年03月25日(土)
 防災・危機管理ニュース

海を越え 復興のシンボル・モアイ像が南三陸町到着!

防災・危機管理新着30件






























海を越え 復興のシンボル・モアイ像が南三陸町到着!

このエントリーをはてなブックマークに追加




南米・チリ共和国から
東日本大震災による津波で、1990年から宮城県南三陸町のシンボルだったモアイ像が流された。あれから2年あまり、南米・チリ共和国から新たなモアイ像が贈られ、仮設商店街で贈呈記念式典が開催された。

モアイ

1960年5月22日15時11分14秒(現地時間)に中部の都市バルディビア近海で発生したチリ地震は、モーメントマグニチュード9.5と、観測史上最大の地震で、その影響は太平洋を挟んだ日本の広範囲まで及び、最大で6メートルを超える津波を日本国内で観測した。

白サンゴの眼と黒曜石の瞳
この津波で被災した宮城県は、チリと友好関係にあり、復興30周年を記念して1990年にチリから門外不出と言われるモアイ像が贈られ、地元の人々に愛されてきた。その像が流失したことを受けて、チリ政府から新しいモアイ像が到着した。

新しいモアイ像はイースター島で作製され、昨年12月に贈呈。東京と大阪で展示された後、南三陸町に到着した。当面、仮設商店街に展示した後、新たな設置場所を検討するという。

贈呈記念式典では、製作者のトゥキさんの手で開眼式が行われ、白サンゴの眼と黒曜石の瞳がはめ込まれた。モアイには未来に生きるという意味があり、復興のシンボルでもある。眼が入ることで、像に聖なる力・マナが宿るという。新たなモアイ像は、津波の恐ろしさ、自然の驚異を知る日本とチリの2国をつなぐ友好の証しとして、また、困難に屈しない意志の象徴として、長く住民に親しまれる存在となりそうだ。


外部リンク

南三陸町
http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/

南三陸 なう
http://minamisanriku-now.blogspot.jp/
Amazon.co.jp : モアイ に関連する商品
  • 「アカギ」「黒沢」「カイジ」の福本氏が東日本大震災のチャリティ企画(6月6日)
  • 梅雨や猛暑への対策は万全?ミドリ安全が楽天スーパーセール出店(6月3日)
  • 【法改正】生命守るため 「警報」より上の「特別警報」を新設(6月3日)
  • 「ふくしまから はじめよう。」人々が参加・交流(6月3日)
  • 英・遊歩道アドバイザー長が姉妹トレイル締結を提案(6月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->